歯を失ったときの治療法

歯を失ったときの選択肢としては、義歯(入れ歯)ブリッジ、インプラント、歯の移植があります。保険の治療としてブリッジが挙げられますが、健全な歯を削ること、支えとなる歯に負担がかかるという点で、歯を残すということに関してデメリットがあります。入れ歯は、ブリッジより歯を削らず、残った歯の負担も少ないですが0ではありません。インプラントは、費用がかかりますが残っている歯への負担を考えると、ブリッジ、入れ歯より優れています。出来るだけ多くの方がご自身の歯を残してしっかり噛めるよう、お一方おひとかたに合った治療をご提案していきます。

インプラント

インプラントとは、失ってしまった自分の歯の替わりに、 人工の歯根を顎の骨に埋め込み、 その上に人工の歯を作製して噛み合わせを 回復する治療法です。

インプラントの特徴

治療方法 図解 メリット デメリット
インプラント
(人工歯根)
インプラント治療 ・自分の歯に限りなく近く、自然に見える。
・周りの歯を一切削らなくてよい。
・自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、食べ物の味や感触がよくわかる。
・アゴの骨がやせるのを防いでくれる。
・歯を抜くのと同じ程度の手術が必要
・全身疾患がある場合には治療ができない場合がある。
入れ歯 入れ歯の場合 ・一般的治療で、簡単に治療を受けることができる。
・健全な歯をほとんど削らなくてすむ。
・入れ歯に違和感を感じることがある。
・固い食べ物に苦労する場合がある。
・見た目が良くない場合がある。
・発音に問題がでる場合がある。
ブリッジ ブリッジの場合 ・費用をかければ見た目の仕上がりがよい。
・固定式のため、装着しても違和感があまりない。
・ブリッジを固定するために、健康な歯を削る必要がある。
・発音に問題がでる場合がある。
・歯の抜けた部分の骨がヤセていく場合がある。
・口の中が不衛生になりやすい。

インプラントの治療例

歯を1本失った場合のインプラント治療

歯を数本失った場合のインプラント治療

ブリッジ

ブリッジとは両隣の歯を削り、人工の歯をかぶせる治療法です。

ブリッジ

ブリッジの特徴

(1)
かぶせ物の材料によっては、保険診療内での治療も可能です。(入れ歯よりは若干費用がかかります。)
(2)
金属のバネがないので、入れ歯よりも装着時の異物感が少なく、見た目も自然です。
(3)
入れ歯よりもしっかりと噛むことができます。
(4)
両隣の健康な歯を削らなければならず、入れ歯同様土台の歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。

入れ歯(義歯)

保険を使用できる部分入れ歯と総入れ歯

プラスチックと金属のバネで作成する一般的な入れ歯です。

保険を使用できる部分入れ歯と総入れ歯

保険を使用できる部分入れ歯と総入れ歯

いろいろな入れ歯(こちらの入れ歯は保険適用外になります。)

マグネットデンチャー

今までの入れ歯に、入れ歯の大きさからくる違和感、しゃべりにくさ、はずれやすい、噛みにくいなどのお悩みをお感じの方、マグネットデンチャーを試してみませんか?
マグネット・・・磁石を使った入れ歯です。磁力により、ガタつきのない、ピッタリとフィットした入れ歯を可能としました。
これまであきれめていた方に、満足できなかった方に、簡単に装着でき、しっかり噛め、自然で若々しい口元になるインプラントデンチャー・マグネット・デンチャーをお勧めします。
 お気軽にご相談下さい。

強力磁力で入れ歯を固定します

歯根のある方・・・歯根に磁石を吸着させるための磁性金属を取り付けます
歯根のない方・・・インプラント(人口歯根)により、磁性金属を取り付けます

【装着・取り外しが簡単】
わずらわしいバネや仕掛けがないシンプルな構造なので簡単に装着・取り外しができます。

【ピッタリ固定 良く噛める】
小さくても強力な磁力でピッタリと吸着し、入れ歯が落ちたり口の中でガタガタ動きません。

【見た目が入れ歯を感じさせません】
入れ歯がシンプルな構造となっているので、お手入れも簡単・見た目もスッキリと自然です。


ノンクラスプ デンチャー

ノンクラスプ デンチャーと呼ばれる金属のバネを使用しない部分入れ歯です。 審美性はもちろん、機能性の面でも通常の部分入れ歯よりも優れています。

ノンクラスプ デンチャー

ノンクラスプ デンチャーの特徴

(1)
弾力性の高い材質により薄い仕上がり、お口の中が快適です。
(2)
装着したときは入れ歯の色調が同化しているため、一目では区別がつきません。
(3)
金属のバネがないので金属アレルギーの心配もありません。

金属床義歯

金属床義歯は、保険適用外の入れ歯です。

金属床義歯

金属床義歯の特徴

(1)
金属床義歯は薄くすることができるため、違和感が少なくなります。
(2)
熱を伝えやすいため食事の暖かさや冷たさを感じることができます。
(3)
チタン床義歯は非常に軽く、金属アレルギーの心配もないのが特徴です。

歯の移植

青丸の部分に赤丸の親知らずを移植しました。

青丸
のブリッジを支える2本の歯が弱くなり、痛みを伴い来院されました。

赤丸
の下顎の親知らずは上顎に親知らずがない為、噛み合う相手の歯がありません。つまり歯としての機能は果たしていません。

 

ブリッジは失った歯を支える為両サイドの歯に負担がかかります。 周りの歯に負担をかけない治療法としてインプラントがあります。 しかしこの患者さんの場合、移植治療(保険適応内)も適応できます。

当院では、自分の歯をすでに無くなってしまった別の場所に植え換える歯の移植も行っています。

移植の良い所は、歯根膜という歯を支えている組織も歯と一緒に移植できること、それから歯ぐきは歯とくっついて感染のバリアーになるということです。このあたりはインプラントでは獲得できないものでインプラントに対して優位でしょう。

歯根膜とは歯の周りにある膜で,噛むたびにクッションとなって骨へのショックを吸収します。パスタの茹で加減などの“歯ごたえ”、”食感”まで楽しめるのはこの歯根膜のお陰です。

“インプラント”が人工臓器(人工歯根)の移植であるのに対し、 歯牙移植は天然臓器の移植です。
下顎(上顎)だけ生えて噛み合う相手のない親知らずなどを活用します。

しかし、すべての患者さんにとって移植が可能であるわけではありません。移植歯は歯周病や大きなむし歯になっていない健康な歯であること。さらに移植をされる受け皿側の骨の量や質が良いことなどの条件が揃わないとうまくいきません。また、自家歯牙移植はインプラントが保険適応外なのに対して、いくつかの前提条件がありますが、保険制度上でも認められています。

歯の移植は、条件さえ揃えば大変有効な方法です。入れ歯やインプラントを入れる前に、お気軽にご相談下さい。